そこそこいい感じのゲームボーイカラーとゲームボーイアドバンスを入手

ゲーム

見つけてしまうと、買わなきゃってなるよね

いずれ買うとか、先々の購入予定とか、そういったものは一切なく、たまたま違う目的で寄った店に置いてあった”ゲームボーイカラー”と”ゲームボーイアドバンス”。

ふたつまとめて購入しても8,000円しないくらいだったので、思わず購入。

またしても部屋の荷物が増えてしまった。

個人的には『レトロフリーク』があるし、最近はゲームデータを『スーパーファミコンミニ』に追加する方法も会得してしまったので、今さら”バックライト”もない”実機”が必要なのかと問われれば、およそ必要のないものでしょう。

しかし、思わず見つけてしまったので、少し迷いはしたけれど、ふたつとも買って帰ってきてしまった。

ゲームボーイカラーもゲームボーイアドバンスも、実機を触るのは何年振りだろう?

そして久しぶりに実機を手にして、『なんでバックライトくらい載せなかったんだろう?』という疑問がふつふつと湧いてくるのでありました。

まずはゲームボーイカラー

最初にゲームボーイカラーです。

ボディカラーは赤。

画面にちょこーっと傷がありますが、それ以外はなんの問題もない、『美品』と言える状態。

アダプターは見つけられなかったけど、単三電池で稼働するので、”エネループ”などの充電できる電池を使用すれば問題ないでしょう。

一応、手持ちのソフトで確認しましたが、ドラクエ1&2やドラクエ3、ドラゴンクエストモンスターズなんかはちゃんと起動しました。

十字ボタン、ABボタンの接触も良く、ゲームに支障がある要素もなさそう。

個人的にはそれだけ動けばもう満足です。

いつか、フロントライト化の改造なんかの計画を立ててみようかな。

そしてゲームボーイアドバンス

合わせて購入したのがゲームボーイアドバンス。

これもまぁ、そこそこキレイな状態。

ボディカラーはスケルトンピンク。

このゲームボーイアドバンスの購入に踏み切った理由が、なんと『アダプター駆動』すること。

そして、そのアダプターがセットになっているということ。

普通、アドバンスを見かけても本体だけで売ってるのがほとんどだけど、この商品はアダプターとセットでの販売だった。

”アダプター”そのものは自宅にあるけど、『アドバンスにセットする部分』はなかなか見かけない。

これがセットになって売っていることが、今回の購入の理由のすべてと言ってもいい。

これがあれば電池を気にせずに、ずっと遊ぶことができるのだから。

購入してみて

ついこの間PCを1台処分したかと思ったら、またしても荷物を増やしてしまった。

だが何年振りかにゲームボーイとゲームボーイアドバンスの実機を手にして、昔はよくこんなバックライトもないチープなものでゲームをしていたなと思う。

appleやandroidのスマホやタブレットに慣らされたこの数年、正直なところ20年以上も前の携帯ゲーム機の画面には満足できない。

せめてバックライトでも搭載していてくれれば、もっと感動したのかもしれない。

 

いつか余裕ができたら、ゲームボーイカラーのフロントライト化とゲームボーイアドバンスのバックライト化でもしてみようかな。

ゲームボーイアドバンスの方の改造がうまくいけば、それでゲームボーイからアドバンスまで遊べることになるので、そちらをメインに頑張ってみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました