EPIPHONE DOT 335を購入

ガジェット

以前から気になっていたセミアコをGET!!

今まで何本かのギターを購入、使用していたが、ちゃんとしたセミアコは所有したことはなかった。

以前、GRASS ROOTSのミニギターなら購入したが、あれはあくまでもオモチャで、話のネタとして手に入れただけで本当の意味で購入したのは、これが初めてだ。

これを購入したのはイオン内の楽器店。

本来は新しいギターを購入する予定などなく、ただ時間つぶしに覗いてみただけだったが、そこに

たまたま中古品として展示してあったギターを発見。

通常なら4万円台半ばくらいで販売してある商品だが、なんと2万6千円。

30分ほど店を出たり入ったり、実際に手に取ったりしながら悩んで、”使いにくかったら手放せばいい”くらいの気持ちになって、ほどなく購入。

会計を済ませる間の店員が弦高等の調整を行ってくれたが、”ほぼ新品”の状態で入ってきたそうで、僕も実際に触って確認したが、本当にキレイな状態だった。

思った以上にデカい!!

店ではそうは思わなかったが、家に持って帰ってみるとこれがかなりデカい!!

部屋に置いてあるだけで存在感が半端ない!!

こいつはやっかいなモノを購入してきたのかもしれない。

エピフォンではあるけれど、形的には人生初のセミアコとなる。

グラスルーツのミニギター手放して丁度いいかなくらいに考えてたけど、元がミニギターだっただけに、比較すると大変な違い。

完全にヘッドの分だけ長さが違う。

ミニギターはそこらへんに寝そべってでもチャランチャランと遊べる感じだが、今回のドットはそうはいかない。

ボディの面積が半端ない。

いつものように床に座って弾くだけでも、右ひじが浮いちゃって違和感がすごい。

音に関しては、他のギターと変わらない

まず生音で遊ぶ分には、他のエレキギターとなんら変わらない。

ちょっと低音は太いねって感じ。

セミアコといっても、ボディの中身が全部空洞というわけではないので、アコギみたいに響くわけでもない。

チューニングに関しては、特に合わないとかずれるとかもなく、良好。

ただ店で調整してもらった時、弦高を低めにしてもらってたので、6弦と5弦がけっこうビビる。

あとは僕が別途所有しているGRASS ROOTSのレスポールタイプと、さほど変わらない感じ。

アンプに繋いでみても、レスポールとさほど違いはない感じ。

(近所迷惑なんで、ほとんど最小音量でしか鳴らさないので、何買っても同じかと)

しかも持った感じ、レスポールの方が軽い!!

今になって冷静になってくると、コレ持ってるからセミアコいらなくない? って感じ。

でも、そういうもんじゃないんだよね。

とりあえず欲しかったし。安かったし。

 

しかしこりゃあ、やっぱ、色んな意味で大きい買い物しちゃったなぁ。

来月の引き落としが大変だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました