PC環境をちょっとずつさらす2 そして

PC

 

NEC PC-NS350 DAW

このPCは以前、『中古でノートPC買ってきた』に記事で購入してきたNECのノートPCである。

基本的に中古屋めぐりが好きな僕は、立ち寄った店でキレイな中古品があると、思わずしれを購入してしまう。

大概は良い買い物してきたなぁって感じになるのだが、これは購入して2か月ほど経過するが、どうもイマイチしっくりと来ない。

大体のことは多めに見る性格だが、今回はこのノートPCのしょぼい解像度と絶望的な視野角の狭さになっとくがいかず、ただただ放置であった。

たまに思い直して、CDのリッピング専用マシンにでもするかと電源を入れるのだが、無駄に1テラもあるHDDのトロさが動作のすべてを無駄にする。

イライラが募り、結局はシャットダウン。

購入当初はHDDをSSDに交換して末永く使用するつもりだったけど、やっぱ画面のしょぼさが気になって、わざわざ費用を追加するほどでもないなぁと思った。

 

きっと早い段階でメモリを8Gに上げてSSDに交換でもすれば、音楽専用マシンとか年賀状専用マシンとか、使い道は広がったと思う。

だが、現実は放置です。

なぜならば、先日紹介した『PC環境をちょっとずつさらす その1』のように、もっと古いPCでも十分なスペックを持つPCが他にも控えているからだ。

じゃぁなぜ買った?

そこにキレイな商品があったからです!!

ではなぜさっさとパワーアップさせなかった?

他の買い物が忙しいからです!!

と、そんな脳内一人芝居を繰り返しながら、ずっと見ないふりをされ続けた新参者のPCは、生まれ変わるきっかけもなく、日常的にかまってもらえるでもなく、ただひっそりと部屋の隅で充電が乏しくなるのを待ち続ける日々を過ごしていたのです。

別れは急にやってくるものなんだよ

そして、先日から所有するPCでもブログに上げようかと、久々に電源を入れてみると、まぁ遅い。

本当に、久しぶりに触ってみると、遅い。

画面も見づらい。

自分の中で、何かが終わりました。

先日、BOOK OFFで不用品を売ったりしたばっかりだったので、その感覚をまだ引きずっていた身としては、『もう、コイツ売ろう!!』というスイッチが入ってしまった。

で、PC環境をさらすといいながら、準備したその勢いで初期化まで行ない、本日BOOK OFFへと持ち込みました。

意外に高く売れた?

で、売りに出した結果ですが。

お値段なんと31,000円!!

2か月前、49,000円ほどで購入したこのノートPCが、31,000円で買い取りされました。

単純に考えれば18,000円の大損のようですが、個人的にはもっと低く考えていたので、十分な結果です。

これを資金の足しにして、他にいいものを購入したいと思う。

 

なんかカテゴリー違いの話になってしまった。

”PC”というよりは”断捨離”の話しだねこれは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました