新規にミニPCを買うつもりがゲーミングノートPCを買いました HP VICTUS16

PC
スポンサーリンク

ちょっといいミニPCを買うつもりだった

つい最近ですね、新しいミニPCが欲しいなぁなんて思ってました。

最近またミニPCが欲しくなってきた
...

CPUはRyzenで、今よりちょっとだけイイヤツを買おうかなって思ってましたら・・・。

なぜかノートPCになりました。

すごく安かった・・・多分・・・

ミニPCって安く買えるんだけど、ちょっと欲を出すとすぐに10万円を超えてしまうんですよね。

安いモデルだと、今とスペック変わらないんですよ。

で、今よりちょっとイイヤツ、もうちょっとゲームが動くヤツ・・・なんて探してたら、気が付いたらゲーミングノートPCを買ってました・・・という感じです。

でも、安かったんです。

気分的にものすごく安かったんです。

結果的にミニPCよりも断然お買い得でした。

HPのVICTUS16ってヤツ

とにかく安く手に入れたそいつは、ヒューレットパッカード社のVICTUS16ってノートPCです。

とりあえずCPUは希望通りのRyzenで、Ryzen5 6600Hです。

CPUだけ見ると、今持ってるミニPCと変わらないじゃないと思いますが、なんとGeForce3050搭載です。

ここがミニPCとは違いますね。

このGeForce3050があるおかげで、今まで諦めていたゲームライフに希望が出てきます。

最近の製品では4060とか積んでるようですので、今回買ったノートPCはいわゆる『型遅れ』ですね。

それでも一応、新品で購入できたんで、ラッキーです。

HPのVICTUS16

ゲーミングPCは黒っぽいのが主流なんでしょうけど、白っていうのが良いですね。

大きさ、厚みに関しても、現行で使用してるNECのNX850よりも全然マシです。

 

急遽、購入したわりには、大正解の買い物でした。

SSDを入れ替えでなく増設できる

購入に至った最大の理由が、SSDを増設できるという点です。

今まで散々ThinkPadなんかのSSDを交換してきましたが、今回は『ふたつめのSSD』を内蔵できるんです。

一つ目のSSDは512GBでもう十分だったのでそのままにしておきます。

増設するSSDもデータ移行とかないので、今までとは違うSSDを購入しました。

Hanyeとかいう、よくわからないメーカーのSSDです。

今回はゲームのために、4TBを購入するという大盤振舞い。

裏ブタ開かなくて大変

今までThinkPadなんかを当たり前のようにパカパカ開けまくってましたが、今回のこの『VICTUS16』ですが、なかなか苦戦しました。

プラスチックの裏フタなんですが、これがかなりしっかり食い込んでいて、ネジを取った後にもなかなか開きませんでした。

開けたところです。

左右に細長いSSDスロットがあります。

右側にはすでに512GBのCドライブがはまってます。

今回は左側に新規に4TBのSSDを増設します。

親切にヒートシンクとネジが備え付けです。

ヒートシンクを外して、SSDを挿し込みます。

ヒートシンクにはサーマルテープもついてました。

なんて優しいHP VICTUS16!!

増設したSSDそっくり丸々、Dドライブとして使用します。

ここでフォーマット時に一度失敗して、4TBを認識せずに、2TBでパーテーションを切ってしまったので、フォーマットする際には、MBRではなくGPTで行ってくださいね。

Windowsって4TB買っても4TBってならないのが、なんかもったいない感じしますね。

ついでにコントローラーも新調

ちょっといいミニPCを買うつもりが、なんか上回るゲーミングノートPCを買っちゃったんで、ついでにコントローラーも新調しちゃいました。

XBOX用のコントローラーです。

今回はUSBケーブル同梱のものを買いました。

ちょっと目的から大きく上回った買い物をしてしまいましたが、大満足ですね。

良い買い物しました。

これでPCゲームの幅が広がります。

 

これは新型です

 

 

 

 

PC
スポンサーリンク
このブログを作った人
川崎ヒデユキ

九州の田舎に住んでいます。
ガジェットとかゲームとかアニメとか楽器とか、とにかく買い物が好きです。

趣け OMOMUKE

コメント