GRASS ROOTSのアンプ内臓ギター

ガジェット

暇つぶしにいいと思った

最近購入したわけではないが、GRASS ROOTSのアンプ内蔵ショートスケールギターを購入した。
何年か前に楽器店で見て以来、ずっと気になっていたガジェットだ。
通常のエレキギターも所有しているが、重いし、『さぁやるぞ』って感じを出さないと遊べないような、なんかメンドクサイ感じがある。
気になったまま時間が過ぎて、楽器店でも見かけなくなっていたが、たまたまイオンの中の楽器店で中古品として展示してあるのを見かけてしまって、随分と悩んだ末に2万5千円ほどで購入。
表と裏の状態。
購入して時間が経つが、結構キレイだ。購入した時はもっとキレイだった。
フロントピックアップがスピーカーになっている。
裏にはスピーカー用の電池が入るボックスがある。
各スイッチ。
完全にダミーのスイッチがある。
スピーカーから音を出すには、トーンノブを引っ張る。

使ってみてどうか

良かった点
ネックが細く短いので、コードが楽々。
軽い。
あんまりね・・・な点
意外と作りがキレイなので、気をつかう。
スピーカーの音が期待外れ。
チューニングがユルユル。
※ネックが短いので、いつも通りに弦を張るとテンションが足らない。これを手っ取り早く解決するには半音以上上げてチューニングを合わせる必要がある。なのでコードを弾く場合も、チューニングによって変えていく必要がある。
とまぁ、手に入れるまでの期待と妄想に100点満点で納得できたというわけにはいかなかったが、遊んでいるとそれなりに楽しいオモチャです。
ただスピーカーの音は本当に期待はずれ。
この問題については、いつか対策を公開したいと思う。
【追記】
しばらく考えた末、このミニギターは手放すことにした。
なんでも買い取ってくれる店にでも持っていこうとしたが、現物を見た同僚が欲しいと言ったんで、同僚に売却しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました