フェンダースクワイヤーのストラトキャスターを購入

音楽

 

またしても中古でギター購入

先日”EPIPHONE DOT 335を購入”でも書いたが、つい最近中古のエレキギターを購入している。

前回のセミアコもずっと以前から気になっていて、個人的には満を持しての購入のはずだったが・・・。

日を追うごとになんかしっくりとこない、プチ後悔のようなものがちょっとずつこみ上げてきている。

なぜ、せっかくのギターなのにモチベーションが上がらないか?

身長が低い僕にはボディが大きすぎる。

セミホロウボディのギターなら、同じエピフォンのレスポールモデルがある。

セミアコならミニギターもある。(そっちのほうが弾きやすい)

GRASS ROOTSのアンプ内臓ギター
...

なので、なんか違うなーと。

そんなモヤモヤとした状態でいつものようにBOOK OFFをブラブラとしていて、なんとなく目についたのが今回のスクワイヤー製ストラトキャスターだった。

壁に並べてある安い値段のギターの中で、PhotogenicやらSELDERあたりのギターに混じって、ひっそりと吊るされておりました。

(PhotogenicやらSELDERはたくさんあった)

今回購入したのは赤いボディですが、同じ構成でボディがピンクのものもありました。そっちのほうはちょっとだけ使用感があり、やめました。

もうひとつ、ピックアップの構成がSSHのモデルもありましたが、4,000円くらい高かったのでやめました。

購入したのは真っ赤なギター

さて、赤いボディですが、このぺったりとした色合いがたまりません。

一時期、ふなっしーが黄色のストラトを持ってたのが、なんとなく羨ましかったので、自分もストラトを購入することがあれば、黒以外のベタ塗りのボディのが欲しいなぁなんて思ってました。

いいおっさんが部屋で赤いギター持ってニヤニヤしてるのもどうかと思うけど、人前でなんかするわけでもないから、まぁいいかって思ってます。

今回初めて知ったが、スクワイヤーといってもスクワイヤーなりにランクがあるようで、今回購入したのは”BULLET”というシリーズの”START”というもっともリーズナブルなシリーズのようです。

新品でも2万円台で購入できるもののようです。

今回はかなり激安で、しかも使用感ゼロのほぼ新品状態のものを購入してきました。

スクワイヤーに対する世の中の評価がどうであれ、個人的にはかなりいい買い物したと思ってます。

ヘッドの裏を見てみると、”Designed and Backed by Fender”の文字が。

もうフェンダーやん。 フェンダーでいいやん。

で、”Crafted in Indonesia”とありますので、インドネシア製ですね。

ストラト最高!! セミアコ微妙!?

で、しばらく触ってみた感想ですが、僕はスクワイヤーをナメてました。

まず、全体的に仕上げがすごくキレイです。丁寧に作業されてます。

ネックのフレットの僅かなはみ出しもないし、ネジは変にナメってないし、塗装もキレイ。

全開購入したEPIPHONE DOT 335のほうが、どっちかというともう少し大雑把な仕上がりだった。

それよりも何も、どうもしっくり来なかったEPIPHONE DOT 335の後だけに、なんて扱いやすいギターなんだろうと!!

軽い。小さい。細い。の3拍子揃った素晴らしいギターだ。

なんで今までストラト買わなかったんだろう? と思うくらい、楽しいのです。

こんなにボディの大きさが違う。

ネックはストラトの方が長いのに21フレットしかない。

セミアコのほうがネックが短いのに22フレットもある。

という違和感は多少あるが、もう個人的にはストラトでいいやと。

ちょっと太いのはレスポールあるし。

なんかもうEPIPHONE DOT 335は、近々わが家を去って行きそうなフラグがビンビンに立っております。

スクワイヤーはいいギターだった。でもやっぱりフェンダー欲しいよね

いや、スクワイヤーナメてた。

いいギターだ。

でも将来的にフェンダーのストラトを購入する日も、そう遠くないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました