アドセンスの管理画面にて『ads.txtファイルが含まれていないファイルがあります』という警告が出た【Xサーバー対処編】

blog

なんですかこれは?

ブログを始めて、アドセンスも取得して、楽しみと言えばそりゃあもう毎日の収益確認ですよね。

こんな弱小ブログなんて毎日確認したところでほとんど収益なんてないも同然なのですが。

それでもやっぱり気になって、毎日覗いちゃうわけです。

それが今日になって、管理画面の一番上に変なものが現れています。

要注意 ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

なんのことを言っているのかさっぱりわかりません。

ヘルプを見たところで、何を言ってるのか全然わかりません。

とりあえずそのまんまの文章でググってみたわけですが、要するに『このサイトも運営してるサーバーも、僕自身だよ』と宣言してくださいということでしょうか?

ワードプレスでブログを立ち上げて、アドセンスに合格したら、アドセンスのIDをブログに貼り付けるわけですが、じゃぁ、サーバーは? という事なんでしょう。

サーバーの使用者とブログ運営者が同一であることを証明せよと、そういった事でしょう。

で、さらに調べると、『ほっといても大丈夫』という意見もあれば、『ほっといたら広告消えた!!』という方もおられるようで、比較的運の悪い僕としては消されちゃたまらんと、せっせと解決方法を探したのです。

なんとかエックスサーバーでの解決方法を見つける

で、あっちこっちから答えを見つけてきたのですが、要するに使ってるサーバー内にads.textを置けばいいらしいとのこと。

じゃぁ、サーバーのどこに置けばいいのか?

そこで、エックスサーバー用の『ads.text』の設置方法を図解で説明する。

下準備編

まず、アドセンスの管理画面の警告のヘルプから、

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

というのをテキストドキュメント(Windowsならメモ帳とか)にコピーします。

それで、

pub-0000000000000000

部分を自分のIDに書き換えます。

例↓

google.com, pub-1234567890123456, DIRECT, f08c47fec0942fa0

こんな具合です。(こんなアカウントの方、実在してたらゴメンナサイ)

自分のアカウントは、アドセンスの管理画面で確認できます。

アドセンスの管理画面の左下から”アカウント”

”アカウント情報”まで行きます。

画面上に、pubから始まる16ケタの数字がありますので、それを先ほどのいっぱい”0”が並んだところと置き換えてください。

16ケタもあるので打ち間違えたりしないように。

なんなら”0”を消して、数字を”コピー&ペースト”の方が確実です。

エックスサーバー編

エックスサーバーのトップ画面に行ったら、”インフォパネル”にログインします。

そして、”ファイル管理”のボタンを押します。

すると、縦にずらっとフォルダが並びます。

そこに自分のサイトのドメインのフォルダがありますので、それを開きます。

”サイトドメイン”.comを開くと、またフォルダやらファイルが縦に並んでいます。

そこから”public_html”というフォルダを見つけて開きます。

”public_html”を開いたところで、画面右下にフォルダ作成とファイル作成というところから、ファイル作成にて”ads.txt”を作成します。

その際の文字コードは、自分のサイトに合わせてください。

自分のサイトの文字コードが何かは、サーバーパネルから確認できます。

”ads.txt”ファイルを作成したら、画面右側に上のようなファイルが出来上がっています。

(写真は作成済みなので0.06KBになっていますが、作成した直後は0KBです)

で、上の写真のように左側にレ点をつけた状態で、

画面左上の”編集”を押します。

すると画面左に真っ白い部分が現れますので、そこに前もって準備しておいたモノを貼りつけます。

文字コードは適宜確認してください。

あとは保存して終了です。

確認編

で、苦労してここまでやってどうなるかというと、

ブラウザと起ち上げて、”ドメイン.com/ads.txt”と入力すると、

(.com以外の方はそれぞれを入力してください)

このように何とも言えない画面が出てきます。

こうなれば成功です。

 

これでほっといたら広告が消されるかもしれない恐怖からは逃れられました。

ホームに戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました