ニンテンドーDS用ソフト 『ガンダム麻雀』をゲットした

ゲーム

こんなものまであったとは

先月、よく通っていた中古ゲームショップが閉店になったので、それまでにいそいそと通い続けて、結構購入したのだが、その中のひとつがこれ。

『機動劇団ハロ一座 ガンダム麻雀DS 親父にもアガられたことないのに!』です。

ガンダムもテレビゲームも長い付き合いですが、まさかこんな麻雀まであったなんて。

全く知らなかった。

発売年はなんと2005年!(年末だったので、ほぼ2006年?)

そんな以前から14年もの時を経て、初めて見ることができました。

個人的には麻雀はまったくやらないので、ほぼ遊ぶことはないと思うけど、とりあえず1時間くらいなんとか遊んでみたら、けっこう面白い。

麻雀がというより、麻雀を打つまでのストーリーモードの寸劇がけっこう面白い。

遊び始めて、奇跡的に何回か連続でアガれて、面白くなっていくストーリーを楽しんでいたけど、途中から一切勝てなくなったので、最後がどうなって終わるのかなんてわかりません。

またいつか気が向いたら、ゆっくり遊んでみようと思う。

続きがあるんじゃない? と思ったら ほらやっぱり

個人的には初代ガンダムよりも、Zガンダムの方が好きです。

なのでガンダム麻雀を入手したとき、『ぜったい続きがあるでしょ?』と思って楽天で探したら、あっさりと見つかりました。

『機動劇団ハロ一座 ガンダム麻雀+Z さらにデキるようになったな!』です。

ギャグのクオリティは前作よりも上だと思います。

ストーリーモードでは、実際の話しではカミーユがジェリドを殴るのですが、このゲームではなぜかクワトロが代わりに殴られ、そのまま麻雀が始まります。

前作に続き初代ガンダムのメンバーも出てくるようなのですが、『僕は麻雀ができないので、先を見ることができません!』

 

ということで、この麻雀ゲームの面白さの度合いをうまく説明できなまま、今回は終了となります。

要するに、

『珍しいもの見つけて、きっと第2弾もあるんだろうなって探したら本当にあったけど、そもそも僕って麻雀できないじゃん』

っていう内容でした。

ホームに戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました