ついに新しいipad proが登場!! 買い換えたほうがいいのか?

ガジェット

 

ついに発表されたipad proはベゼルが薄く、iphoneのようなノッチがなくなった

こういうのを待ってました。

ようやく時代が追いついた感じです。

10月30日、アップルのスペシャルイベントにて、新しいipad proが発表された。

新しく発表されたipad proは、事前のリーク画像ほどベゼルが細くはないにしても、ihoneで邪魔者あつかいだったノッチがなく、本当にどっち向きで持ってるのかわからなくなるくらい、上下、左右対称の製品になった。

サイドのデザインもiphone5時代を思わせるストレートな仕上がりで、近未来ガジェット感が漂っている。

これは買いでしょう!

このデザインを得るために、今までipadを使い続けたといってもいいでしょう!

ヘッドフォン端子がなくなったとか、些細のことです。

iphoneなんかとっくの昔になくなりました。

ただ個人的に残念なところがあるとすれば、カラーの選択肢が2色しかないこと。

それに伴ってか、カメラ等の収納の関係なのか、ベゼルの色も黒1色しかないということ。

(macbook proに合わせたのか?)

Apple Pencilが新しくなり、旧Apple Pencilは使用できないこと。しかもちょっと値段が高い。

あと、このタイミングでUSB-Cを採用するなら、今年発売されたiphoneでも採用してればよかったのに。

そもそもの値段だいぶ上がったこと。

くらい? 後半はただの貧乏人のグチなのだが・・・。

はしゃいじゃったけど、購入すればちゃんと使うだろうか?

さて、もしもこの新しいipad pro(11インチ)を購入するならば、ちょっと考えなければならないことがある。

それは、僕はすでに2台のipad proを所有している。

ipad pro 9.7インチ』 と 『ipad pro 10.5インチ』 だ。

頻繁に使用しているのは9.7インチの方で、10.5インチは控え、サブ機としている。

キンドルで購入したマンガなども、9.7インチでしか読まない。

9.7インチしか所有していなかった頃、10.5インチが発売されたときには羨ましくてしかたなかったものだ。

そして実際に10.5インチを購入したが、dアニメにしろキンドルでのマンガ読書にしろ、9.7インチの方がしっくりとくる。

話に没入してしまえば、僅かな画面の差はほとんど気にならないのが現実。

新しく購入して、いつもの使い方が実際どう変わるの?

さて、勢いあまって新しいipad proを購入して、果たしていつもの使い方から革新的な変化を遂げるのかと聞かれれば、多分いつもと一緒だよとしか答えられないだろう。

僕の場合、新規に買ったにもかかわらず、9.7インチをベッドに持ち込み、動画や読書に使用するに違いない。

新しいipad proを通常使いにするならば、事前に所有する2台を売却しておいた方がいいかもしれない。

そこまでして買うか、もう少し世間の様子を見るかのか、非常に悩むところ。

 

新しい使い方をする予定はないが、でも新型は欲しい。

発表された画像達を眺め、今はただひたすら物欲と戦い続けるのであった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました