人気のポータブル中華ゲーム機【RS-97】を購入

ゲーム

ゲームをする体勢を変えたかった

僕は元々、ファミコンやスーパーファミコン等のレトロゲームが好きで、それらのゲームカセットもたくさん集めている。

ソフトは外見こそボロくっても、そこそこの確率で稼働するが、ゲーム機本体の状態の良いモノを探そうとすると、結構な労力と出費を余儀なくされる。

そこで、レトロフリークなんかを使って安定して遊べるような機器に頼ったり、吸い出したロムをPCやタブレット上で動くエミュレーターなんかで遊んでいた。

最近になって、レトロペディアという、かなりの数のゲームロムを内蔵したゲーム機も入手した。

レトロペディアについては、使えるゲーム機を手に入れたというより、大量のゲームロムを手に入れた功績の方が大きい事は間違いない。

おかげでレトロフリークの中身も充実したし、タブレットで遊べるゲームも増えた。

しかし、これらのゲーム機やエミュレーターを使って遊ぶのはいいが、準備や長時間のプレイ、そして片づけなんかがちょっとツライ。

本体に電源やHDMIケーブルやコントローラーを繋いだり、遊び始めたらずっとその場所に座っていなければならなかったり、肉体的にツライことが多い。

ポータブル機にしても、以前にゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンスの状態の良いモノを購入したが、どちらもバックライトがついてないのが結構ツライ。

そこで、ハンディな、ポータブルなエミュレーターマシンを購入することにした。

スポンサーリンク

ネット上では評判が良かったRS-97

Amazonあたりで物色するにあたって、ネットで色々と下調べをした結果、『RS-97』と『LDK GAME』という2機種に絞った。

個人的には遊びたいゲームは決まっているので、どちらの機種でも良かったのだが、なんとなく記事数の多かった『RS-97』というゲーム機を購入することにした。

それがこちら。

箱の外観はアイキャッチに載せているので、とりあえず箱を空けたところ。

箱の中身。

本体と電源用ミニUSBケーブルと、TV出力用のケーブル。

あと説明書もついてたけど、全部英語だった。

写真では液晶画面に保護フィルムが貼ってあるが、これが結構強力にくっついてて、剥がすのに苦労した。

本体後ろにはバッテリーが内蔵されている。

このフタが結構ぴっちりとはまっていて、かなり外れにくい。

そしてこのバッテリー、意外と持たない。

背面中央には、ゲームボーイアドバンスのマジコン的なカートリッジが差さっている。

そのマジコン的なカートリッジに、32GBのマイクロSDカードが差さっている。

カートリッジを抜いた状態で電源を入れると、本体の従来のOSが起動。

この状態でも多数のエミュレーターに対応しています。

ためしに『SFC』を開いてみると、そこにはたくさんのゲームが!!

かなりいい買い物をしたと思いましたが、中身はほとんどが中国語。

これは手持ちのロムと入れ替えるのが良さそうです。

本体のOSおよびゲームは、本体の裏ブタを開けるとアクセスできます。

こちらは16GBのカードが入っていました。

カートリッジを入れた状態で電源を入れると、違うOSで起動します。

ネット上では、このゲーム機を購入して、わざわざ自分でこのOSを入れる改造をしている方々が多数おられましたが、今回購入したこのゲーム機はなんと、最初からインストール済みなのです。

一粒で二度おいしい、最初からデュアルシステム搭載機なのです。

 

こちらにもたくさんのエミュレーターとゲームが入っていました。

ほとんど中国語でしたが。

スポンサーリンク

買って良かった点・ダメだと思う点

まず良かった点

小さい・軽い。

購入した時点でかなりのゲームが入っている。

レトロペディアに入っていたマイクロSDカードが16GBだったので、そちらのゲームが全部移動できる。

ファミコン・スーパーファミコンだけでなくNEOGEOやPCエンジン、MSXやPC-98、なんかのエミュも入っている。

ダメだった点

スーファミ以降のゲームを遊ぶには、画面が小さすぎる。

スーファミでも画面の周りが余るので、全画面表示にすると全体的に画像がぼやける。

今時信じられないくらいバッテリーが持たない!!

(満タン充電して電源OFFの状態で24時間放置で、すでに半分なくなっている)

スポンサーリンク

まとめ

とまぁ、なんとなく買ってみたけど、概ね満足しています。

入ってたゲームソフトは大概が中国語でしたが、少しは日本語そのままのゲームもあります。

レトロペディアのゲームと照らし合わせて、入れ替えながら使用すれば問題ないでしょう。

 

レトロペディアとこのRS-97があれば、最強のレトロゲーム環境が整いますね。

 

なによりも、ケーブルだらけにならなくていいのと、これからやって来る寒い冬には、布団の中でレトロゲームが出来るのがとても楽しみなのです。

ホームに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました