カメラ購入(Nikon COOLPIX A900)

ガジェット

これで最後。しばらくはおとなしくしておきたい。

やったよ。
ソニーのデジカメを諦めきれず、お店に向かいましたが、如何せん田舎の店にはブラックしか置いておらず、白いガジェット好きな自分としては改めてAmazonか楽天で購入しようかと考えておりました。
で、当日購入お持ち帰りの野望が絶たれた僕は、目的を失いつつもほかにどんなモンが陳列されてるのかと眺めておりましたら、なんか妙にかっこいいカメラがある。

が、調べたら上の写真のように黒とシルバーの2色展開。

う~ん、ちょっとカッコイイ。でも店には黒しかない。もう片方の色もなんかやだ。

しかし、あこがれのチルトモニター!
そしてフラッシュライトの飛び出し方がツボにはまった!

というわけで購入。
こうして夏のボーナスはサクサクと消えていくのであった。

はい、外装です。

 

さすがカメラメーカー。Panasonicとは梱包が違います。

でも入ってるモノは先の2社と変わりありませんね。
バッテリーとアダプターが大きいです。
(ちなみに新品つかうの面倒なのでiphoneのアダプターに繋いでおいたら、1日経ってもほとんど充電しませんでした)

おぉ、カッコイイ。

背面。 ビシッとしてます。

見よ、このチルト式モニターの動きを!!
(CASIO EXILIM EX-ZR70とは違いますね・・・あれは背面全部、ボタンごとガバッと動きましたから)

上部の様子。 シャッターボタンとズームレバーが一体化しておりますが、ズームを動かすと、シャッターまでつられて左右に動く感じが、なんとなく値段相応かなぁと思いました。

充電とHDMI。

バッテリー、SDカードは底部から。

35倍ズームです。

 

これはいい買い物だったかもしれない

ずっと頭の中でSONYのカメラ(それも白ボディ)を買おうと思っていたが、これはこれでいい買い物をしたと思う。

先日購入したPanasonicのTZ85も自分にとっては上等な品物だったが、手にした感じでは今回のNikon COOLPIX A900のほうが、”カメラ持ってる感”があっていい。

本当に写真やカメラが好きな方々には申し訳ないが、ごく最近、突発的にカメラが欲しい病に侵された身なので、まずなによりも”持ってる感”が最重要視される。

先日、CASIOのカメラを購入する際に見つけた”EX-FR100”も十分魅力的だった。

が、これは展示品しかなかったので諦めた。

しかしこれこそ購入したらもうすぐに使用しなくなるだろうなと思う。

今回のNikon COOLPIX A900は値段的にはこれと数千円しか変わらないけど、CASIOのキワモノを購入するよりは絶対にお得だったと思う。

しかし、残念な点がひとつだけ

今回の買い物では、チルト式の画面にやられたわけだが、ただ1点だけ、非常に惜しい部分がある。

それは・・・

タッチ画面ではない!! というところだ!!

 

PanasonicのTZ-85はタッチパネルだったが、画面は固定だった。
NikonのA900はチルト式(上にも下にも)を採用したが、タッチパネルではない。

いや、いいんだ。 いいんだよ。

でも、なんか物足りない。

今回、連続してデジカメを購入して分かったが、意外と商品の寿命が長いこと。
発売から2年近く経つ商品が普通に置いてあることに関心した。
なので、ごく最近発売された機種なんかは来年の今頃でも十分にてに入るだろう。

来年にでもPanasonicのTZ90でもてに入れようと思う。あれを手に入れれば今の不満はほぼ解消されると思う。
(そのころもカメラが欲しいと思っていればの話だけど)

コメント

タイトルとURLをコピーしました