BACK TO THE FUTUREのDVDを持ってるが、ブルーレイも買った話

映画・ドラマ

もう何度も観なおしてしまう『BACK TO THE FUTURE』

バック・トゥ・ザ・フューチャー、人生で2番目にちゃんと最後まで見た洋画だ。

(ちなみに人生初の最後まで見た洋画はグーニーズ)

その昔、親戚の家に行ったときに従姉が持っていたVHSを見せてもらったのが、バック・トゥ・ザ・フューチャーとの出会いだと記憶している。

それから何度もテレビで放送され、そのうちの2回ほど録画して保管していた。

最初に従姉と観た時は英語音声の日本語字幕だったので、映画の面白さは伝わってくるが、細かい内容がぼんやりとしか理解できなかったので、テレビ放送を録画したものを何度か観なおせるようになったのは、ありがたかった。

最初に録画したのは、マイケル・J・フォックスの吹き替えが織田裕二のバージョンだったので、僕の中ではマイケル・J・フォックスといえば織田裕二だった。

しかしこの織田裕二バージョンは、VHSテープの破損によってなくなってしまう。

次に録画できたのが、三ツ矢雄二のバージョンだった。

それからはずっと、マイケル・J・フォックスといえば三ツ矢雄二だった。

若いころは基本的に洋画が好きではなかった中で、この映画だけは何度も観なおした。

DVDトリロジー・ボックスセットとの出会い

そして時間は流れ、学校卒業したり就職したり、住むところが変わったりしながら、数年前、久しぶりにバック・トゥ・ザ・フューチャーを手に入れる。

  • バック・トゥ・ザ・フューチャー
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー パート2
  • バック・トゥ・ザ・フューチャー パート3

の3作品のDVDがセットになった、”トリロジー・ボックスセット”である。

 

第1作目については、何度も観なおしているが、続編については1度ずつしか観ていなかった僕にとって、DVDのボックスセットを手に入れられるのはとても嬉しかった。

このボックスを購入したことにより、おぼろげだったパート2とパート3をちゃんと観ることができるようになった。

(しかし、今まで一番観てるのはやっぱりパート1だ)

DVDで満足していたけど、ブルーレイを見つけてしまった

それからもう10年以上このDVDを大切にしてきたが、BOOK OFFで見つけてしまった。

ブルーレイのトリロジーボックスを!!

今までバック・トゥ・ザ・フューチャーは、DVDを所有できていればそれで満足できたアイテムだったけど、たまたまブルーレイのボックスを見つけてしまっては、気になって仕方がない。

単にブルーレイってだけなら、TSUTAYAなんかで売ってるのをよく見かけてるし、今まで気にしたこともなかった。

80年代の映画をリマスターしたところで、そんなに劇的に変わるわけでもないだろうし。

映画なんて、その当時の、そのくらいの画質を再現してくれてればいいものだと思うし。

最近の映画(ここ10年くらい?)を買うなら、ブルーレイの方を買うけどね。

 

でもブルーレイのボックスを見つけて以来、なんか気になってしまって、結局購入してしまったのだった。

なので今、目の前に同じ映画のDVDとブルーレイのボックスが並んでいる。

左側がブルーレイのボックスで、右側がDVDのボックスです。

ブルーレイの方が若干コンパクトです。

ディスクの違い。

上がDVDで、下がブルーレイ。

 

で、それぞれノートPCで再生してみてどうかというと、ブルーレイは若干明るくなって、メリハリがあるかなってくらい。

最初は、なんとなく違うかも? って思うけど、話しが進んでくると、全然気にならなくなる。

強いて言えば、ブルーレイからDVDに戻った時に、字幕が荒いなって思うくらい。

あとブルーレイは操作がちょっとだけメンドクサイ。

サクッと観たいなら、今まで通りDVDでいいかもしれない。

 

現状、我が家には大画面のテレビがないので、今まで購入してきたアニメのブルーレイなんかも、いつもノートPCで再生しているが、いつか4Kだかの大型テレビを購入したら、その時は大画面でも再生してみたい。

その時には、画質の違いを感じることができるかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました