超カンタン 中古のX1 carbon(2015)の液晶が気に入らなかったので、IPSパネルに交換した

PC

X1 carbon(2015)の液晶画面はFHDでもダメなヤツ

前回、中古でThinkPad X1 carbonの2015年モデルを購入した。

全般的にキレイな商品で、概ねいい買い物をしたと思っているが、ただひとつ気になる部分があって、それは液晶画面の品質が良くないということ。

よくThinkPadのX2○○シリーズなんかを中古で探すと、大体がHD画質のTN液晶。

全体的に青っぽく視野角も狭くて、使っているうちにイライラしてくる。

最近のモデルではFHDの画素数までになると、大概が視野角の広い、色のキレイなIPSパネルを使用しているものだが、このX1 carbon、FHDにも関わらず、ダメダメ液晶でした。

ThinkPadの中古品なんて、企業のリース落ちがほとんどだろうから、あくまでも業務用なので画質そのものにはこだわってないのかもししれないけど、最近新品で購入した2018年モデルと比べると、なんとも物足りない。

ちなみに、躯体のデザインそのものは、2018年モデルよりも2015年モデルの方が好きだ。

なので、液晶画面をなんとかしたい。

スポンサーリンク

Amazonにて液晶画面を購入

どうにかならないものかと調べたが、この液晶画面をタッチパネル搭載の上位グレードのものに交換しようと思ったら、どうやらパネルだけでは済まないらしい。

最終的にはPCの上半分をごっそり取り換えるハメになりそうだった。

一応、Amazonなんかで調べてみると、上半分一式で6万円以上する。

中古で買った型遅れのPCの為に、さらに6万も追加するわけないじゃない?

 

ということで、2015年モデルに対応し、FHD画質でIPSなパネルを見つけたので購入しました。

お値段9,000円。

初めて液晶画面とか買ってみたけど、意外と安く手に入るもんですな。

スポンサーリンク

そして、交換してみた

注文して2日後にはもう届いていました。

梱包は結構しっかりしていて、ちゃんとしてそう。

プチプチの梱包を解くと、薄っぺらい液晶画面が。

ちょっぴり固めの保護フィルムが貼ってあります。

裏面です。

右下にコネクタがあります。

で、もう交換してしまいました。

やりかたは結構簡単で、画面まわりのベゼルをギターピックかなんかでねじ込んではがし、液晶の4か所で止めてあるネジを外して、新しい液晶と入れ替えるだけです。

ベゼルの裏は両面テープのようなものがついてますが、粘着力は強くありません。

20分もあれば出来ます。

ベゼル割っちゃうかなぁとか思いましたが、結構弾力のある素材なので、バキッと折れるということはなさそうです。

そのかわり結構伸びる・・・というかクセが付きやすいので、ベゼルの下部分が膨らんで、ピシッとならずに液晶との隙間が空いてしまいました。

なので、新たに両面テープを用意して、貼り付けています。

追加金額9,000円と約20分の作業にて、快適素敵な画面環境を手に入れました。

スポンサーリンク

あとは、残った液晶画面を何に使おうかな?

液晶コントローラーでも買って、レトロフリークとかミニファミコン用の画面にでもしようかな。

でもどうせなら、遊びで使う液晶画面もIPSのキレイなヤツがいいかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました